「 あ~お 」一覧

【川上ゆう・大沢萌・ヘンリー塚本】昭和の旧家の好色母娘―母の男をたぶらかす可愛いおさげの女

【川上ゆう・大沢萌・ヘンリー塚本】昭和の旧家の好色母娘―母の男をたぶらかす可愛いおさげの女

男好きで新しい男を家に引き込んだ母大沢萌とその娘川上ゆう。ゆうは母の男が気になって仕方ない。学生服のまま男の前にゆくオマンコを見せて誘惑。母の男に抱かれる。...

【円城ひとみ・ヘンリー塚本】『あんたぁ、嫉妬深い男や・・』夫からの電話を義父にマンコを舐められながら受ける淫乱妻

【円城ひとみ・ヘンリー塚本】『あんたぁ、嫉妬深い男や・・』夫からの電話を義父にマンコを舐められながら受ける淫乱妻

昭和の田舎に暮らす夫婦。嫁円城ひとみ。夫はもうすぐ春まで出稼ぎに出発するのだ、その前に嫁の体を十分に楽しみたいのだった。夫婦のいやらしいセックスを楽しんだあ...

【円城ひとみ・ヘンリー塚本】『今から出かけるけどその前にハメてくれない?』出張前に夫にセックスを要求する色っぽい妻

【円城ひとみ・ヘンリー塚本】『今から出かけるけどその前にハメてくれない?』出張前に夫にセックスを要求する色っぽい妻

朝から本を読んでいる夫の枕元に来た熟女妻円城ひとみ。『あんた、私これから3日間出張だけど行く前にハメたくない?』いまいち乗り気でない夫を積極的にフェラで立た...

【円城ひとみ・ヘンリー塚本】『なんや、飢えた雄犬やな』熱で寝込む母のもとにやりにくる中年の息子

【円城ひとみ・ヘンリー塚本】『なんや、飢えた雄犬やな』熱で寝込む母のもとにやりにくる中年の息子

風邪で一人部屋で寝込んでいる熟女母円城ひとみ。自転車に乗って息子が家にやってくる。寝ている母をみて少し心配げだが、気持ちはセックスすることだけ。ははもなじり...

【大沢萌・内藤斐奈】『奈美恵、しゃぶりなさい』障子の穴から出したマラを手伝い婦にしゃぶらせる旦那:肉欲にまみれた昭和の旧家―ヘンリー塚本

【大沢萌・内藤斐奈】『奈美恵、しゃぶりなさい』障子の穴から出したマラを手伝い婦にしゃぶらせる旦那:肉欲にまみれた昭和の旧家―ヘンリー塚本

ここは昭和の旧家、旦那と病気がちの奥様大沢萌の世話をするのに手伝い婦の内藤斐奈が働いている。旦那は奥様の目を盗んで斐奈の体を求める。昼間は目立たないように障...

【ヘンリー塚本・円城ひとみ】『あ~若い男の精液が呑みたい!!』熟女のフェラテクニックで息子の精液を抜きまくり

【ヘンリー塚本・円城ひとみ】『あ~若い男の精液が呑みたい!!』熟女のフェラテクニックで息子の精液を抜きまくり

旦那とのマンネリ化したセックスに欲求不満な母円城ひとみ。今日は義理の息子が熱があり学校が休み。食事の準備をしてて寝床へ行くと、いきなりディープキス。そのまま...

【円城ひとみ・ヘンリー塚本】『亭主が使ってくれないから、誰かに使ってもらうしかない』亭主が眠っている早朝義弟と狂ったようハメる妻

【円城ひとみ・ヘンリー塚本】『亭主が使ってくれないから、誰かに使ってもらうしかない』亭主が眠っている早朝義弟と狂ったようハメる妻

早朝ラーメン店にもやしなどを配達している夫の弟。配達が終わり弟のトラックが家の前に止まるのを待ち慌てて家を出る妻円城ひとみ。亭主はまだ白河夜船のなか、義弟と...

【円城ひとみ・ヘンリー塚本】『私の願いがかなうならば、この性器にそそり立つペニスを挿入したい』寝たきり女性の切なる望み

【円城ひとみ・ヘンリー塚本】『私の願いがかなうならば、この性器にそそり立つペニスを挿入したい』寝たきり女性の切なる望み

五年前に夫婦で遭遇した交通事故。旦那は即死しし嫁円城ひとみは、全身がマヒし寝たきりとなった。リハビリの末今は瞬きで何とか母親に意思を伝えることができるように...

【ヘンリー塚本・大塚美雪】嫁いだ妹の家にやってきて金と体をせびりに来るダメな兄貴だけどセックスの味がたまらない

【ヘンリー塚本・大塚美雪】嫁いだ妹の家にやってきて金と体をせびりに来るダメな兄貴だけどセックスの味がたまらない

結婚して子供も生まれ幸せな家庭を気づいている妹大塚美雪。美雪にはダメな兄がいて、今日も買い物から帰ってくると家の前で待っている。家に入ると、すきを見て財布の...

【ヘンリー塚本・魚住沙江】『知らんうちに立派になっちまって、もう男やな・・』家族の目を盗んでセックスに夢中の義母と息子

【ヘンリー塚本・魚住沙江】『知らんうちに立派になっちまって、もう男やな・・』家族の目を盗んでセックスに夢中の義母と息子

昭和の田舎の農家で忙しく働く母魚住沙江。沙江の義理の息子は足を骨折して家で療養している。今日は天気も良いので縁側でたらいで行水して体を洗ってやる沙江。久しぶりに見た...

【ヘンリー塚本・浅宮ゆかり】『石川さん、会いたかったの・・』夫の一回忌夫の親友に抱かれる未亡人

【ヘンリー塚本・浅宮ゆかり】『石川さん、会いたかったの・・』夫の一回忌夫の親友に抱かれる未亡人

夫に先立たれた未亡人浅宮ゆかり。早いもので今日が一周忌。夫の親友で、かつて不倫関係にあった石川も海外出張から日本に戻ってきて一周忌の法要にやってきた。一年半ぶりの再...

【ヘンリー塚本・内田美奈子ほか】おっぱい・おっぱい・おっぱい!揉みしだかれ、吸いつくされる白い乳房 

【ヘンリー塚本・内田美奈子ほか】おっぱい・おっぱい・おっぱい!揉みしだかれ、吸いつくされる白い乳房 

夏のよる、縁側で涼みながらすう若妻のしろいおっぱい(内田美奈子)。圧倒的なボリュームのしろい巨乳を吸いつくす(秋川りお)。ネコとタチの果てることのないおっぱい愛撫と...

【ヘンリー塚本・及川ひな多】『お兄ちゃん、母さんいまいないから早く入れて』連れ子同士の兄妹母の目を盗んでファック

【ヘンリー塚本・及川ひな多】『お兄ちゃん、母さんいまいないから早く入れて』連れ子同士の兄妹母の目を盗んでファック

家出一人絵を描く少女及川ひな多。ひな多には連れ子同士の兄がいて、今は荻窪で一人暮らし。兄は独り者でたまってくるとどんな時でもひな多のもとへ戻ってくる。今日も母の目を...

【ヘンリー塚本・鮎川るい】自分は赤ん坊、妻のデカ乳を誰かに味わってもらいたいと願う寝取られ変態夫

【ヘンリー塚本・鮎川るい】自分は赤ん坊、妻のデカ乳を誰かに味わってもらいたいと願う寝取られ変態夫

真っ白でやわらかい巨乳妻鮎川るい。夫はこんな巨乳を人にも見せたい、触らせたいとおっぱいフェチの男性を募集した。自分hあ赤ん坊役、他人に妻を寝取るところを見て興奮...

【ヘンリー塚本・大越はるか】まるで小説のように・・・官能小説家の色っぽい美乳妻

【ヘンリー塚本・大越はるか】まるで小説のように・・・官能小説家の色っぽい美乳妻

官能小説家の夫を持つ巨乳妻大越はるか。昭和の夏の午後、筆が進まずうたたねする夫を優しく団扇で仰いでやる優しい女。夫の原稿をよむと主人公の女が着物のおびをほどき乳首を...

【ヘンリー塚本・円城ひとみ】『私のことは心配せんでもいいから・・』亭主は出稼ぎ、嫁は親父とねんごろ

【ヘンリー塚本・円城ひとみ】『私のことは心配せんでもいいから・・』亭主は出稼ぎ、嫁は親父とねんごろ

昭和の田舎に暮らす夫婦。嫁円城ひとみが寝ていると旦那が体をまさぐってくる。夫はもうすぐ出稼ぎに出発するのだ、その前に嫁の体を十分に楽しみたいのだった。夫婦のいや...

【ヘンリー塚本・大沢萌】『事故で寝たきりになった息子の嫁の肉体を味わいたい・・・』非道徳な舅の妄想

【ヘンリー塚本・大沢萌】『事故で寝たきりになった息子の嫁の肉体を味わいたい・・・』非道徳な舅の妄想

毎夜激しく求めあう息子とその嫁大沢萌。同居する舅は男やもめで息子の嫁が気になって仕方がない。息子夫婦のセックスの様子をうかがっては一人妄想にふけるのだった・・・...